4年目の軌跡

10/4に高畠町で第51回目となる『高畠町総合体育大会』の
ソフトボール種目において、浪江町のチームが参加した大会が
今年も開催されました。

DSC_0001
今年も遠くは東京より片道500㌔かけて集合した浪江町の精鋭2チームが
出場し、高畠町チームと合わせて5チームが雌雄を決しました。DSC_0020DSC_0012
DSC_0030

ウォーミングアップを済ませ、一回戦。

DSC_0051

DSC_0034
遠方より応援団の皆様

DSC_0068
DSC_0069
DSC_0076
DSC_0053

DSC_0075

一回戦は辛くも勝利した浪江チーム。
さて次の対戦を報告したいのですが、仕事があり、
後ろ髪を引かれる思いで帰路に。
その後については選手の方から様子を伺い、
ご報告したいと思います。

浪江チームの小桧山さん曰く、
今まで高畠町の会長さんを通して参加していており、高畠町
チームとの交流は挨拶程度でした。
最初は高畠町以外からの参加についてどう思っているのだろうか、
ご迷惑になっているのではないか、など心配していましたが、
飲みの場を通して、高畠町の選手がそんなことを少しも思っていない事、
対戦を楽しみにしてくれていることがわかりました。
今ではソフトボールの枠を越えた交流が行われています。

高畠町よりご招待をいただき今回で4回目となる大会。
人同士の繋がりは広がり、変わっているように感じました。
それとは逆に、開会式にて、高畠町ソフトボール協会会長さんの
「震災から4年が過ぎ、現在も多くの方が避難を余儀なくされ・・・」
というくだりからはじまった今回の大会。
徐々に震災の記憶は薄れ、過去の物になる中で、変わらずに
ある思いやりを私自身、間接的に感じられた一時でした。

〆に高畠町より贈呈されたお米を持ってパシャッ
DSC_0083

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク